メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

NHK「いだてん」で話題 嘉納治五郎と人見絹枝の掛け軸展示 愛媛

人見絹枝=ドイツで1928年8月撮影

 NHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺(ばなし)」にも登場するアスリートの草分け、嘉納治五郎(1860~1938年)と、人見絹枝(1907~31年)の自筆書の掛け軸が愛媛県今治市の市河野美術館(旭町1)で展示されている。嘉納は日本初の国際オリンピック委員会(IOC)委員としてドラマでも既に活躍、日本女性初の五輪選手となる人見は9日の放送「ヴィーナスの誕生」で登場する予定。同館は「2人の肉筆を見て身近に感じてほしい」と展示の狙いを語る。

 同館は同市出身の実業家、河野信一(こうののぶいち)氏(1889~1972年)が長年集めた美術品、書…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文832文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです