メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

初公判で語ったピエール瀧被告 コカイン使用は「心の甘さ」 最後に「二度と手を出さない」

冒頭陳述などに耳を傾けるピエール瀧被告=イラスト・こはまゆうや

ピエール瀧被告 初公判詳報

 コカインを使用したとして麻薬取締法違反に問われたピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁(小野裕信裁判官)で開かれ、瀧被告は「(間違い)ありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑し、弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。ミュージシャンとしてだけでなく、近年は俳優としても映画やドラマに出演し、高い評価を得ていた瀧被告。法廷で何を語ったのか。【東京社会部・巽賢司】

 初公判は午前10時半、425号法廷で始まった。上下黒いスーツに白いシャツ、濃紺のネクタイを身に着け…

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文2001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです