メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト労災記録、不開示は違法 遺族の個人情報 大阪地裁

判決後に記者会見する遺族側の弁護団=大阪市北区で2019年6月5日午後3時5分、茶谷亮撮影

 アスベスト(石綿)の関連疾患で死亡した労働者2人の遺族が、労災記録の開示を労働局に拒否されたため、国に開示を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は5日、不開示処分の取り消しを命じた。石綿被害の救済対象となる可能性があり、国から提訴を促されていた。三輪方大裁判長は「健康被害を受けたかどうかを示す情報で、不開示は違法だ」と指摘。労災記録は本人だけでなく遺族の個人情報にも当たると判断した。

 遺族側の弁護団によると、労災記録を遺族に開示するよう命じる判決は初めて。石綿疾患を巡っては、記録が…

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです