メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織、体に悲鳴 赤土の王者に力負け

ナダルに敗れ全仏初の4強入りを逃した錦織圭=AP

 ナダルが醸し出すプレッシャーだろうか。錦織は簡単にサービスゲームをキープできず、最後まで勝利の糸口はつかめない。3度目の準々決勝でも初の4強への扉をこじ開けることはできなかった。

 序盤からバックハンドの精度が上がらず、左利きのナダルが放つ強烈なスピンの掛かった球にラケットは押し込まれた。第1セットは第2ゲームであっさりブレークを許すと、第6ゲームもサービスゲームを破られ、わずか1ゲームしか奪えない厳しい立ち上がりだった。

 展開の速い攻撃が錦織の理想で、その兆しがわずかに見えたのが第2セット。0―1の第2ゲームはナダルが…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文555文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです