メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯、22年大会の拡大断念 カタールと周辺国共催まとまらず

W杯大陸別の出場枠

 国際サッカー連盟(FIFA)は2022年に中東で初めて開かれるワールドカップ(W杯)カタール大会の出場枠を現状の「32」から「48」に拡大することを断念した。試合数増加に対応するため拡大の条件になっていた周辺国との共催がまとまらなかった。

FIFA会長、くじかれた思惑

 5日にパリで開かれたFIFAの総会。ジャンニ・インファンティノ会長は「我々は(出場チーム増に)トライしたが、残念ながら不可能だった。22年にカタールで32チームの素晴らしい大会を運営する」と語った。同日の会長選で、無投票で再選された49歳の会長肝煎りの拡大策は、混迷する中東情勢を前に足踏みを余儀なくされた。

 出場枠拡大案は総会で諮られる予定だったが、FIFAは5月22日、「徹底的かつ包括的な協議の結果、現…

この記事は有料記事です。

残り2523文字(全文2862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです