メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

肥満でなくても糖尿病に 肝臓、筋肉の脂肪が影響

国立国際医療研究センターの植木浩二郎糖尿病研究センター長

 生活習慣病である2型糖尿病は「太った人の病気」とのイメージが強いが、それは間違いらしい。日本を含むアジア人では、痩せた人でも欧米人より発症リスクが高いことが、各国の研究で分かってきた。体重や体格だけでは分からないリスクと、取るべき予防策について専門家に聞いた。

欧米人よりリスク高く/食事改善と運動が有効/遺伝的背景ある人注意

 2型糖尿病は進行はゆっくりだが、神経障害や腎臓病、目の網膜症など合併症が起きやすい。脳梗塞(こうそく)や狭心症、心筋梗塞のリスクも高まる。

 2型患者では、膵臓(すいぞう)から出て血糖値を下げるホルモン「インスリン」が不足したり、インスリン…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです