メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

花村萬月さん(作家) 闘病中も「書くだけ」 小説誌新連載「対になる人」スタート

闘病しながら執筆する最新作について話す花村萬月さん=川平愛撮影

 昨年10月、白血病を患っていることを公表した作家の花村萬月さん。闘病を続ける中、5月から小説誌『小説すばる』で新連載「対になる人」をスタートさせた。病を得ても衰えぬ小説への思いを聞いた。

 身体に異変が起きたのは、昨年11月に出版した『花折』(集英社)の執筆中だったという。2017年の夏ごろから、少し歩くと息切れや動悸(どうき)がするように。「その年末には、足がむくみすぎてスニーカーに入らなくなってしまい、病院に連れて行かれました。血液検査の結果、赤血球と血小板が基準値の4分の1しかない、白血病だと告げられました」と振り返る。

 昨年9月に骨髄移植を行い、約3カ月入院した。だが、複数抱える連載を休んだのは2回ほど。「頭と指さえ…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです