メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

KAKUTA「らぶゆ」 息づかい感じる群像劇=評・濱田元子

松金よね子(右)とみのすけ=相川博昭撮影

 愛と赦(ゆる)し、喪失と再生という深いところに、桑原裕子がリアルな息づかいで切り込む群像劇だ。2年半ぶりの劇団公演。みのすけ、松金よね子らを客演に迎え、見ごたえある舞台となっている。演出も桑原。

 受刑者仲間の太刀川(小須田康人)、堀内(みのすけ)、藪下(若狭勝也)、尚(中村中)は出所後、それぞれの事情から、福島県の山間地で共同生活を始める。しかし、そこには田舎で暮らす夢を語っていたコッペ(置田浩紳)の姿はなかった。

 罪をつぐなってはいるものの、失ったものは大きく、罪はさいなみ続ける。太刀川の妻は再婚し、娘の莉子(…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです