メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

劇団文化座「アニマの海」上演 水俣の現実を血肉化

 劇団文化座が「アニマの海-石牟礼道子『苦海浄土』より-」(杉浦久幸脚本)を上演する。初タッグとなる栗山民也が演出を手がける。

 1969年に刊行された「苦海浄土」は、水俣病の現実を祈りをこめて描く文学作品だ。

 劇団代表の佐々木愛は、石牟礼作品の朗読を10年以上続けるなど縁があり、「演劇化の構想をずっと温めてきた」と言う。「自分が年を取って、石牟礼さんのすごさをひしひしと感じるようになってきた。少しも偉ぶるところがなく、思ったことをズバッと表現される生き方は、あいまいな時代に本当にすごいことだと思う」

 今回の舞台は、水俣の人々の平凡な日常が公害で断ち切られ、石牟礼(役名は石崎君子)が執筆に取りかかる…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです