メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 「大漁旗」制服で歓迎 三鉄と宮古市 /岩手

畠山巧さん(中央)が大漁旗をデザインした夏服を着込んで発表会に臨む三鉄の中村一郎社長(右)と岩手県宮古市の佐藤広昭副市長

 三陸鉄道と宮古市は大漁旗をデザインした夏服のポロシャツを制作し、発表した。サケが元気よく波を跳ね上げ、宮古地方の古老が口にする波座(なぐら)(高波)をイメージした絵柄。1日から始まった三陸防災復興プロジェクトや今秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)など、国内外からの訪問客に、威勢のいい光景を伝えて歓迎する。

 市民交流センターであった発表会で、両者の制服を手がけた宮古市舘合町出身のファッションデザイナー、畠…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです