メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 試験焼却へ公金、裁量逸脱立証を 住民訴訟で地裁 /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された牧草の大崎地域広域行政事務組合(管理者、伊藤康志大崎市長)による試験焼却に関する予算執行差し止めを求めた住民訴訟の口頭弁論が4日、仙台地裁で開かれた。中島基至裁判長は今後、試験焼却への公金支出が管理者の裁量権逸脱にあたるかなどを中心に立証を求める考えを示し…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです