メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

野党統一候補 市民団体が政策協定 斎藤氏、5党県内組織と /群馬

政策協定書を手にする斎藤敦子氏(右から3人目)と野党5党の県内組織幹部=前橋市で

 今夏の参院選群馬選挙区(改選数1)に向け、野党共闘を働き掛ける県内の市民団体が5日、野党統一候補に決まった立憲民主公認の新人、斎藤敦子氏(51)と野党5党の県内組織と政策協定を結んだ。前回参院選(2016年)に続き、「反・安倍政権」を訴える市民と野党の勢力結集を目指す。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです