IR誘致

「幕張新都心に」 企業グループ、千葉市に提案 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉市は、同市内に本社を置く企業グループから幕張新都心にカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する事業計画の提案を受けたと発表した。熊谷俊人市長は「今回の提案を持って、市がIRを誘致するかしないかの判断を行うものではない」とのコメントを出し、当面は情報収集を中心に行うという。

 2018年7月のIR実施法の成立以降、市に具体的な事業計画の提案があったのは今回が初めて。

 市によると、提案があったのは5月20日で、グループに所属する約10社の社名や計画の詳細は「誘致するかしないかの市の検討に予断を与える」(幕張新都心課)ため、非公表としている。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集