メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

葛西臨海水族園

トビハゼを観察しよう 干潟と生き物の大切さ学ぶ 千葉・市川で29日 /東京

荒川河口の泥干潟にすむトビハゼ。雄(左)が雌を巣穴に誘っている=江戸川区で

 葛西臨海水族園(江戸川区)は29日、東京湾の泥干潟にすむ魚、トビハゼの観察会を千葉県市川市の江戸川放水路で開く。トビハゼは東京湾が国内の生息域の北限だが、すみかの干潟が激減した。飛び出した青い目のユーモラスな姿を楽しんでもらうとともに、干潟の役割やそこにすむ生き物の大切さを考えてもらうのが狙いだ。

 トビハゼは全長約10センチのハゼ科で、小さなカニやゴカイなどを食べる。東京湾以西の太平洋沿岸や瀬戸内海沿岸、九州の有明海、沖縄本島以北の琉球列島に分布する。一生の大部分を川の河口に発達した泥干潟で過ごす。

 東京湾の干潟は、高度経済成長期、護岸整備や埋め立てなどによりその多くが消失した。環境省は2007年…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです