第90回都市対抗野球

都2次予選 第3代表決定戦 JR東、執念の逆転 10年連続本大会 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR東日本-明治安田生命】都市対抗野球の本戦出場が決まり、胴上げされるJR東日本の堀井哲也監督(中央)=神宮球場で、手塚耕一郎撮影
【JR東日本-明治安田生命】都市対抗野球の本戦出場が決まり、胴上げされるJR東日本の堀井哲也監督(中央)=神宮球場で、手塚耕一郎撮影

 第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の都2次予選は5日、神宮球場(新宿区)で第3代表決定戦があった。JR東日本が明治安田生命に4-3で逆転勝利し、10年連続22回目の本大会出場を決めた。最優秀選手賞には、本塁打を放った渡辺和哉選手が選ばれた。

 敗れた明治安田生命は6日に同球場で行われる第4代表決定戦に回り、最後の全国への切符を懸けてセガサミーと戦う。試合の模様は、毎日新聞ニュースサイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/)でライブ中継される。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文685文字)

あわせて読みたい