メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

松本清張「砂の器」 亀嵩に秘められた過去 /島根

 「カメダは今も相変わらずでしょうね?」

 若い男がこう尋ねると、白髪交じりの男は東北弁らしき方言で「君に会えて……こんな嬉(うれ)スいことはない」と応じる。東京・蒲田のトリスバーで目撃された親しげな二人の姿だ。だが翌朝、年配の男は近くの操車場で死体になっていた。若い男が手にかけたと推定した捜査陣の今西たちは、被害者の身元をなかなか割れない。

 国民的作家、松本清張(1909~92年)の代表作のひとつ「砂の器」である。1960年5月から61年…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文938文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです