メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
文学に陰あり

松本清張「砂の器」 亀嵩に秘められた過去 /島根

 「カメダは今も相変わらずでしょうね?」

 若い男がこう尋ねると、白髪交じりの男は東北弁らしき方言で「君に会えて……こんな嬉(うれ)スいことはない」と応じる。東京・蒲田のトリスバーで目撃された親しげな二人の姿だ。だが翌朝、年配の男は近くの操車場で死体になっていた。若い男が手にかけたと推定した捜査陣の今西たちは、被害者の身元をなかなか割れない。

 国民的作家、松本清張(1909~92年)の代表作のひとつ「砂の器」である。1960年5月から61年…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文938文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです