メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
備えは

防災のために/中 遠賀川水系の猛威 「想定外」の怖さ /福岡

九州北部豪雨の際に4.65メートルの水位となった彦山川の水位計を見る遠賀川河川事務所の職員ら

 「この川は九州北部豪雨で、水位が4・65メートルになりました」

 5月28日、添田町・彦山川の上流地点。地元自治体や消防団員らが参加し、水防箇所を確認する目的で実施された遠賀川水系の合同巡視。川底が透けて見えるほどのわずかな流れを見やり、国土交通省遠賀川河川事務所の職員がはしご状の水位計に注意を促した。この地点の水位4・65メートルは氾濫が起こるレベル。目の前の穏やかな流れからは想像できない豪雨の猛威を、数字で突きつけられた気がした。

 遠賀川は北九州・中間・直方市など7市14町1村に接し、支流を含む流域面積が1026キロ平方メートル…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1322文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです