メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レガシーを求めて

ラグビーW杯・大分/3 大分にビールを集結させよ 在庫確保へスクラム /大分

W杯で外国人客が多く訪れることが予想されるアイリッシュパブ

 大分にビールを集結させよ--。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の試合会場となる大分市で、そんな“任務”を遂行すべく関係者が動き始めている。

 「取引業者に伝えないと大変だ」。3月1日にW杯大会組織委員会が飲食店経営者向けに開いた説明会。レクチャーを受けた酒類小売業者は焦った。

 組織委は、過去の大会で開催地のビールが品切れになったり、周辺地域から「緊急支給」を受けたりしたことなど事例を紹介。ファンは長期滞在し、試合がない日は他地域の試合を見るためにテレビのあるバーを求めて街に出ると言い、「一日で地域で飲まれるビールの消費量が通常の4~5倍になる」と話した。

 県内では10月2~20日にプール戦(リーグ予選)と決勝トーナメント準々決勝の計5試合があり、予選に…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです