メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県立博物館

文化財切り取り 県が調査へ 「適切に対処」

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が所有者に無断で金属製の文化財の一部を切り取っていた問題で、県教育委員会は取材に対し「事実確認をし適切に対処していく」と述べた。一方、文化庁は県教委が実施する調査報告を待つという。同館がこの日開いた記者会見では2001年以降に無断切り取りが行われた可能性が示された。

 会見では、千田(ちだ)貴浩副館長が「(文化財の一部を切り取って分析する)サンプリングを相手に伝えないまま行った。不誠実な対応があった」と謝罪した。切り取りをした赤沼英男上席専門学芸員(61)…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです