メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

若き羽生善治さんが晩年の大山康晴十五世名人と初めて対戦したのは…

[PR]

 若き羽生善治(はぶ・よしはる)さんが晩年の大山康晴(おおやま・やすはる)十五世名人と初めて対戦したのは1988年の王将戦の予選だった。午前中は東京の将棋会館で指し、午後から青森へ移動しての公開対局という前代未聞の対局だった▲評伝「大山康晴の晩節」を書いた河口俊彦(かわぐち・としひこ)さんによれば大山の考えた仕掛けで、羽生さんの将来を見抜いてファンに紹介したかったようだ。ただすぐに別の対局をひかえていた羽生さんにはつらい移動で、青森対局は大山が圧勝した▲「大山先生が盤の前で座っているだけで威圧感を覚えた」とは羽生九段の回想だ。「人は必ずミスをする」。それを前提に、人間的な迫力で相手を操る大山将棋の強さだった。心理的駆け引きが今よりずっとものをいった時代という▲その大山十五世名人が69歳で亡くなるまで積み重ねた記録を抜き、羽生九段が将棋界で歴代最多の1434勝を48歳で達成した。その間、史上初の7冠や永世7冠取得など、将棋界の記録を次々に書き換えて行き着いた大記録である▲昨年12月に無冠となり、これから改めて新たな1勝、新たなタイトルに挑む羽生九段である。50歳を過ぎても着実に勝ちを重ね、A級棋士として生涯を終えた大山十五世名人は、なおめざすべき高峰としてその胸にそびえていよう▲大山は「人が負けるに決まってる」と予言し、コンピューターに将棋をさせるのに反対したという。人間のゲームとしての将棋の魅力を、後進の若き天才たちに身をもって示し続けてほしい羽生将棋の第2幕だ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

    2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

    3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

    4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

    5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです