メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
木語

冤罪と「平反」の中国史=坂東賢治

 <moku-go>

 中国で「民族の英雄」とたたえられてきた歴史上の人物の一人が12世紀の南宋の将軍、岳飛(がくひ)だ。北方の金に抗戦し、成果を上げたが、和平派の宰相、秦檜(しんかい)の策謀で反逆罪に問われ、処刑された。

 名誉回復されたのは政権を牛耳っていた秦檜が死去し、皇帝が交代した後だ。死後21年が過ぎていた。「岳忠武王」の贈り名を受け、完全な名誉回復を果たすには80年以上の年月を要した。

 中国語で冤罪(えんざい)の名誉回復を「平反(ピンファン)」と呼ぶ。改革派の論客、呉思(ごし)氏は2…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1034文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです