メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

改正国有林法が成立 大規模伐採に風穴 野口俊邦・信州大名誉教授、立花敏・筑波大准教授の話

改善の余地を探れ 野口俊邦・信州大名誉教授(森林経済学)の話

 目先の利益のために伐採を後押しする改正法は将来に禍根を残す。運用で改善の余地を探るべきだ。樹木採取権を長期で民間企業に与えると、国民の目の届かないところで伐採が行われる可能性がある。山でトレッキングを楽しむ人や自然保護に関心を持つ市民がチェックしやすい仕組みを作れないか。伐採業者の多くは植林が得意でなく、苗木が全…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  5. 池袋暴走 高齢ドライバー対策の契機に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです