メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

空港の運用時間、どう決めるの? 設置者が国などと協議 周辺住民の意見を尊重=回答・春増翔太

夜の運用が1時間延長されることが決まった神戸空港=神戸市中央区で2018年11月29日、本社ヘリから加古信志撮影

 なるほドリ 夜間、更(さら)に遅くまで飛行機(ひこうき)が飛べるようになる空港(くうこう)があるんだって?

 記者 成田空港では、国と千葉県、空港会社、周辺9市町で構成(こうせい)する4者協議会(きょうぎかい)が2月にあり、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、運用時間(うんようじかん)を10月末から、深夜に1時間延長(えんちょう)して午前6時~午前0時とすることが決まりました。神戸空港でも、関西国際、大阪(伊丹)との役割分担(やくわりぶんたん)を協議する懇談会(こんだんかい)が5月にあり、1時間延びて午後11時までと決まりました。

 Q 飛行機が出発・着陸できる時間はどうやって決まるの?

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです