特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

中東と日本人

大川周明とイスラム理解=客員編集委員・布施広(「季刊アラブ」編集長)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大川周明
大川周明

 いわゆる「右翼本」ブームらしい。東京裁判でA級戦犯として起訴された思想家、大川周明らの本が売れている。

 大川の著書を多く手掛ける毎日ワンズ社では一昨年出した新書版「日本二千六百年史」の売れ行きが好調で、今年は「大川周明『世界史』」も刊行した。

 毎日新聞記者から出版界に入った松藤竹二郎社長が言う。「たとえば1970年代なら大川の本は出版も難しかった。世の中が右寄りになって、彼の評価も変わってきたのでしょう」

 日本女子大を訪ねた。「大川周明 イスラームと天皇のはざまで」の著書がある臼杵陽(うすきあきら)教授は「大川には国家主義者というだけでは割り切れない顔があります」と言う。世相の変化とは別に、イスラムへの傾斜が大川の相貌を複雑にしている。

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1408文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集