メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

青少年読書感想文全国コンクール応募要項

[PR]

 第65回青少年読書感想文全国コンクールの応募要項概要と課題図書は次の通りです。

     <応募資格>小・中・高校生。ただし、1999年4月2日以降生まれの者<応募規定>原稿用紙に縦書きで自筆。小学1・2年生は本文800字以内、3~6年生は同1200字以内、中高生は同2000字以内。未発表のもので1人課題読書・自由読書1編ずつ2編まで<作品提出>学校を通して提出。作品は返却しない。入賞・入選作品の著作権は主催者に譲渡される<審査>都道府県ごとの地方審査と中央審査<締め切り>都道府県ごとに設定<入賞発表>2020年2月上旬の毎日新聞、毎日小学生新聞、学校図書館、学校図書館速報版に掲載。公式サイトはhttp://www.dokusyokansoubun.jp/

     <課題図書>◆小学校低学年(1・2年) 「魔女ののろいアメ」草野あきこ作、ひがしちから絵(PHP研究所)▽「スタンリーとちいさな火星人」サイモン・ジェームズ作、千葉茂樹訳(あすなろ書房)▽「心ってどこにあるのでしょう?」こんのひとみ作、いもとようこ絵(金の星社)▽「もぐらはすごい」アヤ井アキコ作、川田伸一郎監修(アリス館)◆同中学年(3・4年) 「かみさまにあいたい」当原珠樹作、酒井以絵(ポプラ社)▽「子ぶたのトリュフ」ヘレン・ピータース文、エリー・スノードン絵、もりうちすみこ訳(さ・え・ら書房)▽「そうだったのか! しゅんかん図鑑」伊知地国夫写真(小学館)▽「季節のごちそうハチごはん」横塚眞己人写真と文(ほるぷ出版)◆同高学年(5・6年) 「ぼくとニケ」片川優子著(講談社)▽「かべのむこうになにがある?」ブリッタ・テッケントラップ作、風木一人訳(BL出版)▽「マンザナの風にのせて」ロイス・セパバーン作、若林千鶴訳、ひだかのり子絵(文研出版)▽「もうひとつの屋久島から・・世界遺産の森が伝えたいこと」武田剛著(フレーベル館)◆中学校 「星の旅人・・伊能忠敬と伝説の怪魚」小前亮著(小峰書店)▽「ある晴れた夏の朝」小手鞠るい著(偕成社)▽「サイド・トラック・・走るのニガテなぼくのランニング日記」ダイアナ・ハーモン・アシャー作、武富博子訳(評論社)◆高等学校 「この川のむこうに君がいる」濱野京子作(理論社)▽「ザ・ヘイト・ユー・ギヴ・・あなたがくれた憎しみ」アンジー・トーマス作、服部理佳訳(岩崎書店)▽「ヒマラヤに学校をつくる・・カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」吉岡大祐著(旬報社)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

    4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです