メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

22年W杯、48チーム断念 増収、思惑空振り 中東情勢、FIFAに厚い壁

FIFAの総会で演説するインファンティノ会長=AP

 国際サッカー連盟(FIFA)は2022年に中東で初めて開かれるワールドカップ(W杯)カタール大会の出場枠を現状の「32」から「48」に拡大することを断念した。試合数増加に対応するため拡大の条件になっていた周辺国との共催がまとまらなかった。

会長は無投票再選

 5日にパリで開かれたFIFAの総会。ジャンニ・インファンティノ会長は「我々は(出場チーム増に)トライしたが、残念ながら不可能だった。22年にカタールで32チームの素晴らしい大会を運営する」と語った。同日の会長選で、無投票で再選された49歳の会長肝煎りの拡大策は、混迷する中東情勢を前に足踏みを余儀なくされた。

 出場枠拡大案は総会で諮られる予定だったが、FIFAは5月22日、「徹底的かつ包括的な協議の結果、現…

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです