メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

ペリネケア/中 臓器脱、出産や加齢要因

 <くらしナビ 医療・健康>

 「歩いていると、股の間にピンポン球を挟んだような感じがする」--。そんな時は、子宮やぼうこう、腸などが外に飛び出ている恐れがある。「ペリネケア」編の2回目は、骨盤底筋の衰えによって生じる「骨盤臓器脱」について取り上げる。

 ●子宮脱、手術で完治

 大阪府茨木市の主婦(68)は、60歳を過ぎたころ、膣(ちつ)から何か出ているような違和感があった。フランス発祥のスポーツで、6~10メートル離れた標的のボールに鉄球を近づけて点数を競う「ペタンク」を始めて10年ほどたったころだった。ペタンクは約700グラムの鉄球を下から投げるため、下半身に力が入る。ボールの位置を把握するため歩くことも多く、「股に異物感があり、体に何か大きな問題があると思って心配だった」と振り返る。

 それでも「出血や痛みはなかった」ため受診を先送りした。しかし、臓器脱についての新聞記事を目にしたこ…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです