メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

アンモニア、新合成法に注目 化学肥料の原料、将来は燃料利用も

 アンモニアというと、刺激臭が連想されるが、実は化学肥料の原料として重要な物質だ。その新たな合成法を目指す研究が注目を集めている。今の方法は100年以上前に開発・実用化されたが、エネルギーの大量消費などが課題だ。研究の最前線に迫った。【柳楽未来】

 ●従来は高温・高圧下

 アンモニアの分子は、窒素原子1個と水素原子3個でできている。「アンモニア臭」と呼ばれる刺激臭の印象が強いが、作物の大量生産に必要な化学肥料の原料として、人類を支えてきた。

 19世紀末、人口増加に伴う食糧の不足が問題になっていたヨーロッパでは、人工的にアンモニアを大量に合…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
  2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
  5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです