メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

アンモニア、新合成法に注目 化学肥料の原料、将来は燃料利用も

 アンモニアというと、刺激臭が連想されるが、実は化学肥料の原料として重要な物質だ。その新たな合成法を目指す研究が注目を集めている。今の方法は100年以上前に開発・実用化されたが、エネルギーの大量消費などが課題だ。研究の最前線に迫った。【柳楽未来】

 ●従来は高温・高圧下

 アンモニアの分子は、窒素原子1個と水素原子3個でできている。「アンモニア臭」と呼ばれる刺激臭の印象が強いが、作物の大量生産に必要な化学肥料の原料として、人類を支えてきた。

 19世紀末、人口増加に伴う食糧の不足が問題になっていたヨーロッパでは、人工的にアンモニアを大量に合…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです