メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

鬼界カルデラ噴火、広範囲に津波 7300年前 薩摩半島30メートル→徳島7.3メートル、和歌山4メートル

 鹿児島県薩摩半島の南方沖に約7300年前に発生した鬼界(きかい)カルデラの噴火で、カルデラから約560キロ離れた和歌山県で最大4メートルの津波が襲来していたことが、信州大や東京大の研究グループのコンピューターシミュレーションでわかった。研究グループは「この噴火で西日本のかなり広範囲に津波が到達していた可能性がある」と分析している。

 鬼界カルデラは、直径約20キロの海底のくぼ地。大規模噴火で大量のマグマが噴出し、カルデラが形成され…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです