メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

鬼界カルデラ噴火、広範囲に津波 7300年前 薩摩半島30メートル→徳島7.3メートル、和歌山4メートル

 鹿児島県薩摩半島の南方沖に約7300年前に発生した鬼界(きかい)カルデラの噴火で、カルデラから約560キロ離れた和歌山県で最大4メートルの津波が襲来していたことが、信州大や東京大の研究グループのコンピューターシミュレーションでわかった。研究グループは「この噴火で西日本のかなり広範囲に津波が到達していた可能性がある」と分析している。

 鬼界カルデラは、直径約20キロの海底のくぼ地。大規模噴火で大量のマグマが噴出し、カルデラが形成され…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです