メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第3部 隣の芝生から/6止 元サッカー日本代表・森岡隆三さん(43)

=大谷津統一撮影

社会過熱、プレーに集中 自国開催の重圧、リーチに助言

 キャプテンとして自国開催のワールドカップ(W杯)をどう迎えるか。サッカー元日本代表の森岡隆三さん(43)=J1清水アカデミーアドバイザー=は昨秋、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将(30)=東芝=から問いかけられた。

 親交のある元東芝の森田佳寿さんを通じ、対面が実現。2002年W杯日韓大会で日本の主将を務めた森岡さんは「社会が過熱し、自分を見失いがちになる。余計な情報は入れずプレーに集中するよう心掛けた」と率直に語った。真剣に耳を傾けるリーチからは強い決意が伝わってきた。

 日韓大会で日本は初めて16強入りしたが、栄光の陰で森岡さんはベルギーとの初戦で負傷。精神的に追い詰…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです