アスベスト

石綿の労災記録 「遺族に開示を」 大阪地裁・国に命令

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アスベスト(石綿)の関連疾患で死亡した労働者2人の遺族が、労災記録の開示を労働局に拒否されたため、国に開示を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は5日、不開示処分の取り消しを命じた。石綿被害の救済対象となる可能性があり、国から提訴を促されていた。三輪方大裁判長は「健康被害を受けたかどうかを示す情報で、不開示は違法だ」と指摘。労災記録は本人だけでなく遺…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集