メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悲劇繰り返さぬために

6・28ハンセン病家族訴訟判決/下 負の歴史、刻む責任

 「私たち一人一人が、家族の被害を生み出してしまったという、加害者としての責任はないのでしょうか」。3月に東京都内で開かれたハンセン病家族訴訟の集会。弁護団代表の徳田靖之さん(75)は200人超の参加者に語りかけた。国だけでなく、かつて「無らい県運動」に協力した市民の責任も見据えるべきだ--。徳田さんの問題意識だ。

 患者を地域から一掃し、療養所に入所させようとした官民一体の無らい県運動は戦前戦後と続いた。教師や住…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1231文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです