メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

図書室 話題の本/点字新刊書

見えないからこそ見えた光 絶望を希望に変える生き方

【岩本光弘著、墨字】

 4月20日に、全盲のセーラーとして世界初の太平洋横断を成功させた、岩本さんの初著作。16歳で全盲になり、歯磨き粉を歯ブラシでなく手に付けてしまった時、「一生、他人の助けを借りて生きなければならないんだ」と絶望し、一時は死のうとさえ思った。それでも、本書では人生の恩人らとの出会いなどを経て育まれた「心の在り方」を示しながら、「絶望をいかに乗り越えたのか?」を語る。各項目間には、「全盲の私に操船の自由を与えてくれる太平洋から見れば人の悩みや苦しみは小さい」など、日米で講演活動を行う著者の思いもつづられている。売り上げの一部は、国際視覚障害者援護協会に寄付される。217ページ。税別1400円。ユサブル(03・3527・3669)。サピエに、点字、音声・テキストデイジーあり。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです