連載

麗しの島から

台湾や香港の幅広い話題を現場からお伝えします。

連載一覧

麗しの島から

天安門事件30年 香港で中国人に本音を聞いた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
追悼集会の会場で、犠牲者の慰霊碑を見つめる中国人男性(左手前)=香港中心部のビクトリア公園で2019年6月4日午後7時14分、福岡静哉撮影
追悼集会の会場で、犠牲者の慰霊碑を見つめる中国人男性(左手前)=香港中心部のビクトリア公園で2019年6月4日午後7時14分、福岡静哉撮影

 北京で民主化を求める学生らが中国軍に鎮圧された天安門事件は4日、発生から30年を迎えた。香港には、事件の犠牲者の遺品や当時の資料などを展示する「天安門事件記念館」(中国語は「六四紀念館」)がある。今月2日に訪れると、強い巻き舌の特徴的な中国語で話す中国人男性が香港市民と議論していた。この日に合わせて本土から香港を訪れたという2人の中国人が本音を語ってくれた。

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2252文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集