メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

天安門事件30年 香港で中国人に本音を聞いた

追悼集会の会場で、犠牲者の慰霊碑を見つめる中国人男性(左手前)=香港中心部のビクトリア公園で2019年6月4日午後7時14分、福岡静哉撮影

 北京で民主化を求める学生らが中国軍に鎮圧された天安門事件は4日、発生から30年を迎えた。香港には、事件の犠牲者の遺品や当時の資料などを展示する「天安門事件記念館」(中国語は「六四紀念館」)がある。今月2日に訪れると、強い巻き舌の特徴的な中国語で話す中国人男性が香港市民と議論していた。この日に合わせて本土から香港を訪れたという2人の中国人が本音を語ってくれた。

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2252文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです