メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駐日イラン大使 対米「日本が警鐘を」 トップ会談前に期待

米国との関係などについて語るラフマーニ駐日イラン大使=東京都港区で2019年6月6日、佐々木順一撮影

 安倍晋三首相が今月12日からイランを訪問するのを前に、モルテザ・ラフマーニ駐日イラン大使(59)が6日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。核開発を制限する核合意から離脱し、イランに経済制裁などの圧力を強める米国に対し、同盟国の日本から「現在の行動はペルシャ湾岸地域の更なる緊張を生み出すと警告してほしい」と述べ、緊張緩和に向けた日本の役割への期待感を示した。

 ラフマーニ氏は「双方と友好関係にある日本が緊張緩和のために中立公正な立場で関与しようとする姿勢を歓…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文603文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです