メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英保守党党首選 「合意なき離脱」辞さないジョンソン氏とは 議員からの支持も広げ

ジョンソン前外相=ロイター

 英国のメイ首相が7日、与党・保守党の党首を辞任し、後継首相を選ぶ次期党首選が10日に正式にスタートする。次期首相にとって最大の課題はメイ氏がまとめきれなかった欧州連合(EU)からの離脱。11人が党首選への出馬意向を表明しているが、下馬評では、経済や市民生活の混乱が予測される「合意なき離脱」も辞さない離脱強硬派のジョンソン前外相がトップをひた走っている。【ロンドン服部正法】

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです