メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自死者追悼法要 安心して故人を悼む場を 今年で丸10年 東京・芝の増上寺で10日

自死者追悼法要が営まれる会場でリハーサルに臨む僧侶たち=東京都港区の増上寺大殿で2019年6月3日、中村美奈子撮影

 家族や友人、婚約者など大切な人を自殺で亡くした人同士が、安心して故人を悼む場として、自死者追悼法要「倶会一処(くえいっしょ)~ともに生き、ともに祈る~」が10日午後4時、東京都港区芝公園の増上寺大殿で営まれる。参加費無料。

 若手僧侶でつくる浄土宗東京教区教宣師会の主催。時の記念日に営み、今年で丸10年を迎える。参加者の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです