メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自死者追悼法要 安心して故人を悼む場を 今年で丸10年 東京・芝の増上寺で10日

自死者追悼法要が営まれる会場でリハーサルに臨む僧侶たち=東京都港区の増上寺大殿で2019年6月3日、中村美奈子撮影

 家族や友人、婚約者など大切な人を自殺で亡くした人同士が、安心して故人を悼む場として、自死者追悼法要「倶会一処(くえいっしょ)~ともに生き、ともに祈る~」が10日午後4時、東京都港区芝公園の増上寺大殿で営まれる。参加費無料。

 若手僧侶でつくる浄土宗東京教区教宣師会の主催。時の記念日に営み、今年で丸10年を迎える。参加者の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです