メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「シーサイドライン」進行方向を検知する車両側の回路が断線 情報伝わらず逆走の可能性

逆走して車両止めに衝突した際、車両同士がぶつかり大きくへこんだシーサイドラインの2両目後部=横浜市金沢区で2019年6月2日午後7時14分、喜屋武真之介撮影

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で車両が逆走して14人が重軽傷を負った事故で、運行会社「横浜シーサイドライン」は6日、進行方向を検知する車両側の回路が断線していたことを明らかにした。車両は無人運転で、自動列車運転装置(ATO)によって制御されていた。システム上は正しい進行方向を指示していたが、配線の断線によって情報が伝わらず逆走した可能性がある。

 1日夜、新杉田駅発並木中央駅行きの車両(5両編成)が逆走し、新杉田駅の車止めに衝突した。運行会社によると、ATOの駅側地上装置と車上装置の間で出発に向けた交信は正常に行われていたが、その内容に従って進行方向を検知する回路の配線の一部が断線していた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 熊本の老舗うなぎ屋、秘伝のたれが浸水 再起に向け清掃作業

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです