メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手文化財切り取り 博物館が文化財紛失、学芸員無断でレプリカ作り返却 ずさんな実態浮上

岩手県野田村の平清水遺跡から出土したスキ。無断で一部が切り取られた29点の一つで、上部が「W」のような形で切り取られている=関係者提供

 岩手県立博物館(盛岡市)の赤沼英男上席専門学芸員が金属製の文化財を無断で切り取っていた問題で、同博物館が同県野田村の平清水(ひらしみず)遺跡の文化財を紛失したうえ、赤沼氏が無断でレプリカを作製して同村に返却しようとしていたことが分かった。紛失を隠蔽(いんぺい)しようとしたとみられており、無断切り取りのほかにも文化財をずさんに扱っていた実態が浮かんだ。

 文化財を無断で切り取った問題は2014年に同館で発覚し、赤沼氏は当時、県埋蔵文化財センターが預けた…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです