メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手文化財切り取り 博物館が文化財紛失、学芸員無断でレプリカ作り返却 ずさんな実態浮上

岩手県野田村の平清水遺跡から出土したスキ。無断で一部が切り取られた29点の一つで、上部が「W」のような形で切り取られている=関係者提供

 岩手県立博物館(盛岡市)の赤沼英男上席専門学芸員が金属製の文化財を無断で切り取っていた問題で、同博物館が同県野田村の平清水(ひらしみず)遺跡の文化財を紛失したうえ、赤沼氏が無断でレプリカを作製して同村に返却しようとしていたことが分かった。紛失を隠蔽(いんぺい)しようとしたとみられており、無断切り取りのほかにも文化財をずさんに扱っていた実態が浮かんだ。

 文化財を無断で切り取った問題は2014年に同館で発覚し、赤沼氏は当時、県埋蔵文化財センターが預けた…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです