メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手文化財切り取り 博物館が文化財紛失、学芸員無断でレプリカ作り返却 ずさんな実態浮上

岩手県野田村の平清水遺跡から出土したスキ。無断で一部が切り取られた29点の一つで、上部が「W」のような形で切り取られている=関係者提供

 岩手県立博物館(盛岡市)の赤沼英男上席専門学芸員が金属製の文化財を無断で切り取っていた問題で、同博物館が同県野田村の平清水(ひらしみず)遺跡の文化財を紛失したうえ、赤沼氏が無断でレプリカを作製して同村に返却しようとしていたことが分かった。紛失を隠蔽(いんぺい)しようとしたとみられており、無断切り取りのほかにも文化財をずさんに扱っていた実態が浮かんだ。

 文化財を無断で切り取った問題は2014年に同館で発覚し、赤沼氏は当時、県埋蔵文化財センターが預けた千苅(せんがり)遺跡(同県北上市)の3点と、野田村の平清水遺跡から出土したスキなど29点の計32点の文化財について切り取りを認めた。いずれも、サビなどによる劣化を防いで長持ちさせるための「保存処理」を依頼されており、切り取りなどを必要とする「分析」は頼まれていなかった。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです