手投げ弾を児童が知らず持ち帰る 沖縄戦激戦地 作動しない状態

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県宜野湾市で児童らが発見した手投げ弾(沖縄県警提供)
沖縄県宜野湾市で児童らが発見した手投げ弾(沖縄県警提供)

 沖縄県宜野湾市嘉数(かかず)で5月30日、市立大謝名(おおじゃな)小学校の児童らが畑の周辺で手投げ弾1発(長さ約11・5センチ、重さ約640グラム)を見つけ、投げて遊ぶなどした後、児童の1人が自宅へ持ち帰っていた。手投げ弾は信管が壊れて作動しない状態で、自衛隊が回収した。大謝名小は「大惨事になりかねない事案」として、保護者や児童らに注意喚起した。

 手投げ弾は米国製で、太平洋戦争末期の沖縄戦時のものとみられる。大謝名小などによると、手投げ弾は小中学生の男子児童・生徒計3人が5月30日夕、畑の周辺の石積みで見つけた。付いていた土を水場で洗い流し、投げて遊んだり、自転車のかごに入れて走り回ったりした後、児童の1人が持ち帰った。児童の保護者が宜野湾署に通報し、連絡を受けた陸上自衛隊が30日夜に回収した。児童らは「爆弾みたいなもの」と認識していたが…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文862文字)

あわせて読みたい

注目の特集