メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「蒼い時」から40年 百恵さん7月末に新著、自作のキルトを紹介

「山口百恵ファイナルコンサート」で涙を浮かべて歌う山口百恵さん=東京都千代田区の日本武道館で1980年10月5日撮影

 日本ヴォーグ社は6日、昭和を代表するアイドルだった三浦百恵さん(旧姓・山口、60歳)が自身のキルト作品を紹介する著書「時間(とき)の花束 Bouquet du temps(ブーケ・デュ・タン)」(オールカラー128ページ、税抜き2000円)を7月末に同社から刊行すると発表した。

 百恵さんは俳優の三浦友和さんとの結婚をきっかけに、人気絶頂だった1980年10月に芸能界を引退。以降は表舞台に立っていないが、「時間の花束」の巻末には「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています」などと後書きも寄せているといい、久しぶりに自身でメッセージを発信している。

 同社によると、百恵さんは結婚後、針で布を縫い合わせて作るキルトの製作を始めたという。「時間の花束」…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです