メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

国ガイドラインに沿い「適切に対応」 福生病院の改善報告書判明 透析中止問題

公立福生病院が東京都に提出した改善報告書=2019年6月6日午後4時50分、青木英一撮影

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、医療法に基づく都の改善指導を受け、病院が都に提出した改善報告書の内容が判明した。病院は、患者の意思が揺れ動くことを前提にした厚生労働省の終末期向けガイドラインに沿って「適切に対応する」と表明。患者から受け取る同意書に、同意の撤回が可能な文言を追加するとした。

 この問題では、治療中止や最初から治療をしない非導入を選んで死亡した計24人について、いずれも終末期…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文847文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです