メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旭化成 陸上部員は正社員雇用 企業内で一流ランナー育つ

延岡での陸上記録会「ゴールデンゲームズinのべおか」にボランティアで参加する大野さん(右)。この恒例のスポーツイベントは、1990年、グラウンドの改修記念大会として始まった=延岡市で2019年5月4日13時31分、田崎春菜撮影

 宮崎県延岡市を拠点に活動する旭化成陸上部は、今年度で創部73年目を迎えた。3連覇中の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)では、歴代最多の24回の優勝を誇り、五輪でも多くの代表選手を輩出。地域の声援を受け戦っている。なぜ「長距離王国」とも呼ばれる強豪を築くことができたのか。その秘密を探った。

 ――旭化成陸上部総監督・宗猛さん(66)と後輩で教え子の谷口浩美さん(59)は現役時代、会社では福…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです