23歳元ロッテ選手が選手会事務局に入社 多忙な日々「やりがいがある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ野球選手会に就職した肘井さん=2019年5月10日午前11時42分、東京都内で中村有花撮影
プロ野球選手会に就職した肘井さん=2019年5月10日午前11時42分、東京都内で中村有花撮影

 プロ野球の選手会事務局に今年、10年ぶりに男性の新入社員が入社した。昨年まで5年間、プロ野球・ロッテでプレーした肘井竜蔵(ひじい・りゅうぞう)さん(23)だ。選手会は選手の地位向上や野球振興、現役引退後のセカンドキャリアに向けた支援など幅広い役割を担い、超多忙な日々を送るが、「やりがいがあってすごく楽しい」と全国を飛び回っている。

 5月中旬、肘井さんが託された仕事は、東京都杉並区の和田堀公園野球場で開かれたイベント「キャッチボールクラシック2019東京大会」の運営だ。肘井さんは会場で参加した中学生を整列させ、選手会が考案したキャッチボールの正確さやスピードを競うゲームが始まると、タイムを計測。競技の合間には、指導者や子どもたちに笑顔で話しかける姿もあった。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1535文字)

あわせて読みたい

注目の特集