1163日ぶり2度目の先発 巨人、3年前のドラフト1位桜井がプロ初勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○巨人2―1楽天●(6日・楽天生命パーク宮城)

 口を真一文字に結んで、にらみつけるかのように捕手のミットをのぞき込む。巨人・桜井は闘争心むきだしでマウンドに立った。「監督、コーチへ感謝の気持ちを持って投げよう」。新人時代の2016年3月30日以来、1163日ぶり2度目の先発マウンドで思いをぶつけた。

 一回、先頭の茂木のゴロを遊撃手・坂本勇が悪送球し、無死二塁に。いきなりのピンチにも動じなかった。1死三塁となった後、3番・浅村は内角直球で詰まらせ、浅い中飛に。続くウィーラーも内角を意識させて、最後は外のカーブで空を切らせた。四回に押し出し四球で失点したが、強気に打者へ向かい続けた。七回途中まで1失点で救援陣につなぎ、先発としてプロ初勝利をつかんだ。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集