メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台をゆく

倶利伽羅峠 木曽義仲が平家を撃破 逆運の猛将、知略と夢の跡

ふもとの埴生護国八幡宮にある木曽義仲像=富山県小矢部市で、目野創撮影

 平安時代末期の武将、木曽義仲(源義仲、1154~84年)が平家の大軍を破った「倶利伽羅(くりから)峠の戦い」(83年)。牛の角にたいまつをくくりつけ、夜の敵陣に放った奇襲作戦「火牛(かぎゅう)の計」で知られ、いち早く入京した義仲の快進撃を象徴する合戦だ。富山、石川県境の古戦場を訪ね、義仲に思いをはせた。【目野創】

 義仲は父義賢(よしかた)を源氏の内紛で失い、2歳で木曽(長野県)に逃れて豪族・中原兼遠(かねとお)…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1380文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです