メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンシティ

再開発へ 27年度までに 越谷市が直接所有 /埼玉

再開発される「越谷サンシティ」のコミュニティセンター棟。市民ホールなどが入っている=埼玉県越谷市南越谷で(同市提供)

 JR武蔵野線と東武伊勢崎線が交差する南越谷・新越谷両駅に近い越谷市の公共複合施設「越谷コミュニティプラザ(通称サンシティ)」が2027年度までに再開発されることになった。古くなった市民ホールと商業棟を一体的に建て替え、市が直接所有する。市は「地域のシンボルとなる複合施設を目指す」としている。【武田良敬】

 サンシティは1979年、工場跡地1万8634平方メートルの敷地に市民ホール(客席数1675)や市役所出張所が入るコミュニティセンター棟と、スーパーなどのテナントや市立図書館が入る商業棟(地上6階)の複合施設として開業した。資金は市と商社の丸紅や金融機関が出資する第三セクター「越谷コミュニティプラザ株式会社(KCP)」が調達し、管理運営してきた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです