メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野菜行商

歴史つづる 小林さん、冊子に 千葉県立中央博物館 /東京

渡船で行商に向かう女性たち(千葉県佐倉市の旧舟戸河岸で1962年、林辰雄さん撮影)=中央博物館所蔵

 千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町)の歴史学研究科長、小林裕美さんが、かつて盛んだった千葉の野菜行商の歴史と背景をまとめた「おばちゃんたちの野菜行商 カゴを背負って東京へ」(B5判50ページ、カラー)を執筆し、同県内の博物館や図書館に配布した。「行商の歴史は千葉の近現代史を特徴づける一面もある。重く大きな荷物を背に腰をかがめて行商に行ったおばちゃんたちの人生を忘れてはいけないと思う」と話す。【渡辺洋子】

 著書は午前5時、トマトやキュウリ、赤飯など約70キロの荷物を背負い、都内へ行商に行く同県印西市の石…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです