メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンドツアー

訪日外国人が駅係員を体験 相模鉄道 /神奈川

相鉄線横浜駅で定期券の発行業務を体験する海外の学生

 相模鉄道(本社・横浜市)と一般社団法人「横浜西口エリアマネジメント」(千原広司代表理事)は6日、相鉄線横浜駅構内で訪日外国人に駅係員の仕事を体験してもらう「インバウンドツアー」を開催した。

 訪日外国人に日本の鉄道がどのように運営されているかを知ってもらい、イメージアップを図るのが狙い。今回は米国の学生ら20人が参加した。

 参加者は3グループに分かれ、駅係員の指導を受けながら「ホームでの合図」「定期券の発行」「構内放送」…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです