メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎刈羽原発

廃炉計画提示、来月か 参院選影響 東電、日程綱引き 市長けん制「中身明確に」 /新潟

 東京電力柏崎刈羽原発が立地する柏崎市の桜井雅浩市長は6日の定例記者会見で、6、7号機の再稼働の条件として東電に求めていた1~5号機のいずれかの廃炉計画の提示が、7月にずれ込む見通しを明らかにした。【内藤陽】

 柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働問題は、7月4日公示、21日投開票が予想される参院選の重要な争点。東電が1~5号機のいずれかの廃炉に踏み切れば参院選への影響も大きいため、日程や中身を巡る綱引きが続くとみられる。

 6、7号機は2017年12月に原子力規制委員会の安全審査に合格した。桜井市長は合格に先立つ同年6月…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文747文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです